オフィス移転の頼もしい味方はこれ!

総合ランキング

つながるオフィス
評価★★★★★
日通の移転サービス
評価★★★★★
オフィスレイアウト工房
評価★★★★☆

トップ > オフィス移転について > オフィス移転のポイント

オフィス移転のポイント

 オフィス移転の背景にあるのは様々といえますが、移転先のオフィスに関しての条件に関しても多種多様な条件を踏まえての検討をすることが重要になります。 従業員それぞれ一人一人に意見を求めると、条件通りの物件となりますと、一向に収まりがつかないでしょう。
一般的に考えて、結局オフィス選考でプライオリティを置いているポイントは、家賃が安い、そして駅から近いといった点に集約されるといわれています。 駅より非常に近く家賃もリーズナブルなオフィスが発見できれば良いですが、そのような物件にかぎって築年数そのものが古かったり、或いは非常に狭い雑居ビルであったりなどのケースもあります。費用並びに駅からの距離の因果関係に関しましては、オフィスからすれば天秤と同じ様な関係性で、いずれかを妥協しなければならないことも数多くあることを考えましょう。

 加えて、目に見えない費用も思案することで、現実的にそのオフィス自体が効果的な立地条件かも検討してみましょう。
等しい構造、あるいは条件の物件と想定すると、当然のことながら駅に近い物件につきましては賃貸料が非常に高くそして、距離がある物件につきましてはリーズナブルです。 オフィスのケースでは、初期に関するコストとして保証金が数ヶ月分必要とされたり、仲介に関する手数料につきましても賃貸料と合わせて高額になりますので、一括りにして月の賃貸料だけにより決めてかかることはできません。 これに対して、駅に近いことで営業するあための利便性が上向くことも考えられます。駅に近いほうが従業員のモチベーションが引き上がることも、ビジネスをマネージメントする部分では非常に大きなファクターとなります。

 ここに来て、大規模企業では終身雇用そのものが崩壊して、事と次第によると早期退職を優遇するなど、リストラを勧告することもあり得ます。
それに加えて、小規模の企業ほど、余剰している従業員がいないのが通例です。 したがってこのような時代こそ、中小零細企業におきましては、素晴らしい人材を手にできる好機がめぐってくるととらえることが出来ます。
プラス思考な事務所の転居のケースでは、最寄の駅から近付くなど立地を向上させることで、採用に関してアドバンテージに働きます。だからと言って、こうした見えない費用をどのように思案するかはとても難しいポイントで、必然的に現実上の費用の方が意識されてしまうことになります。会社内外の効率なども視野に入れて、全部を加味した見地から最も良いオフィスを見出しましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP