オフィス移転の頼もしい味方はこれ!

総合ランキング

つながるオフィス
評価★★★★★
日通の移転サービス
評価★★★★★
オフィスレイアウト工房
評価★★★★☆

トップ > オフィス移転について > オフィス移転の料金と大安などの関連性

オフィス移転の料金と大安などの関連性

オフィス移転は、たいていは専門業者に任せる事になります。
一応は自社で自力で移転作業を行う手段もありますが、やはり手間は非常に大きいです。
専門業者に任せる方が効率的ですし、結局は依頼をしている法人が目立ちます。
ところで専門業者に任せる時には、日程が1つのポイントになります。
業者に依頼をする以上は、料金も払う事になります。
それで業者に対する支払い金額は、縁起と大きな関係があります。
例えば大安などの吉日は、総じて料金は安くなる訳です。
縁起の問題があるからです。
逆に仏滅などの日程ですと、依頼料金は総じて安くなる傾向があります。
個人の引っ越しにも縁起の要素がありますが、オフィス移転の依頼料金もそれは同様です。
ですから縁起などの要素をあまり気にしない時には、大安などの日程にするのではなく、仏滅で検討してみる選択肢もあります。



オフィス移転時の産業廃棄物はどうすれば良いか

物品の整理を行っていますと、様々な不要な物が出てきます。
中には産業廃棄物もあります。
法人としては、その廃棄物の処理で困ってしまう事もある訳です。
オフィス移転で産廃物を処理する時には、主に2つの手段があります。
まず自社独自の手段で、それを廃棄する選択肢です。
それはコストは抑えられるメリットはあります。
しかし廃棄に関しては、それなりに知識が求められる事も多いです。
また日程調整の問題などもあり、かなり手間が大きくなってしまう傾向があります。
それよりも、廃棄の専門業者に依頼するケースがほとんどです。
自社で産廃処理をするよりは手間も小さくなりますし、かなりスピーディーに処分できるからです。
ただし業者に依頼をする訳ですから、料金も若干高めになる傾向はあります。
しかし産業廃棄物を処分する手間は大きいですから、結局は専門業者に任せている法人が多いです。



オフィス移転の届け出は締め切りに注意

オフィス移転を行う時には、公的機関に対する届け出は必要です。
そして届け出には、締め切りもあるので要注意です。
例えばある場所に本店が移転になったとします。
ところで開業手続きを行った際には、公的機関に対しては住所も届けている筈です。
その住所が変更になっている訳ですから、公的機関に対する変更届も行う必要があります。
そして注意すべきは、提出の期限です。
原則として、引っ越しが完了した日から数えて、2週間以内には手続きを済ませる必要があります。
したがって2月10日に引っ越しが完了した場合は、原則として24日までに提出する必要があります。
それに遅れてしまいますと、大変面倒な事態になる事もあるので、注意が必要です。
ただし本店ではなく支店の場合は、もう少し日程に余裕があります。
おおむね3週間以内なるので、上記の例では3月の頭までには手続きを済ませる必要があります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP