オフィス移転の頼もしい味方はこれ!

総合ランキング

つながるオフィス
評価★★★★★
日通の移転サービス
評価★★★★★
オフィスレイアウト工房
評価★★★★☆

トップ > オフィス移転について > オフィス移転の際の掃除の方法

オフィス移転の際の掃除の方法

 オフィス移転に取り組む状況での入居それから、退去時には、机それから、棚、や機材といった搬入、さらに退去はもちろんの事、掃除も実施していかなければなりません。そして、入居前に、搬入物そのものがエレベーターに入るかそれから、社員の役割分担など決定することが多いといえます。
会社の業務を行いながらの移転をされる場合、社員に掃除を割り当てるといえます。オフィスに対して机、あるいは機材を搬入すると、掃除そのものが出来づらくなります。従いまして、方法として、まず第一に何もセッティングしていないフロア全てを掃除することが必要不可欠になります。床でしたら水拭きそれから、カーペットであるならば掃除機などが挙げられます。窓に関しても機材、あるいは棚をセッティングすると掃除しづらくなりますので、初めに拭いておく必要があります。

 簡易的な台所、あるいはお手洗いが見られる場合、そちらの方も一切合財を一回、掃除しておかなければなりません。引っ越しの日につきましては搬入のみに気を取られて、掃除に関しては忘れ易くなります。とりわけ水道自体が依然として出ないというようなケースで、掃除なしで運び入れてしまって、ホコリが数多くてクリーニングするのに、改めて書類をよけなければならないといった、会社の業務に不都合な事もあるケースがあります。 退去のケースでは、新しいオフィスへ移転するため、まず第一に搬入物の掃除からしていくことになります。
コピーもしくはファックス、さらに電話や、パソコンなどを水拭きすることになります。荷物搬入後は、床が不衛生になっていれば、簡易的な掃除をしておくことも必須です。ゴミ処分なども管理人に対して前もって確認し、後になって廃棄物処理を施す状況での置き場所も確認しておくことが欠かせません。

 オフィス移転を迎えたケースで、よく見られるのが、女性が掃除するという暗黙のルールがあるケースです。荷物搬入は引っ越し専門業者がを引き受けてくれるので、女性が掃除を行っている間、男性が手持無沙汰になることが考えられます。女性も当日から割り当てられた分担の業務がたくさん定まっているので、掃除のみできません。
掃除を押しつけられるスタイルになった女性は、労力を掛けて新しいオフィスに出向いて、不満をもつことになってしまうといえます。 あらためていうまでもなく、入居のケースでの掃除においてのキーポイントは、すべての人によって行うことです。これに関しては、入居、あるいは退去に限られたことではありません。オフィス施設内の掃除に関しては、女子任せにすることは回避して、男性の方も含めて円滑に行えるように計画を立てること重要になります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP