オフィス移転の頼もしい味方はこれ!

総合ランキング

つながるオフィス
評価★★★★★
日通の移転サービス
評価★★★★★
オフィスレイアウト工房
評価★★★★☆

トップ > オフィス移転について > オフィス移転の1ヶ月以内に税務署で変更手続き

オフィス移転の1ヶ月以内に税務署で変更手続き

多くの法人では、必ず税金は支払っています。
ところで法人によっては、事務所移転を行う場合があります。
その時には、税務署に対する届け出が必要です。
というのもオフィス移転をした場合は、給料に関する状況も色々変更されます。
それに伴って、税務署でも事務手続きを行う必要があります。
そもそも従業員に対する給料支払いには、必ず税金が関わってきます。
その兼ね合いもあり、移転先の最寄の税務署にて手続きを行う必要があります。
それで手続きは、原則として1ヶ月以内には完了する必要があります。
ですから3月に引っ越しをした時は、遅くても4月までには済ませる必要があります。
ちなみに実際には、手続きが完了していなくても、納税時に何とかなる事もあります。
しかしその際に納税の手続きが非常に面倒な事になりますから、やはり1ヶ月以内に済ませる方が無難です。



オフィス移転後の鍵の受け渡しとオーナーへの声かけ

オフィス移転をした後には、退去する事務所での返還手続きを行う事になります。
というのも入居する時に、必ず事務所から鍵が渡されている筈です。
退去日までに、その鍵を返還する必要があります。
このため退去日の数日前までには、物件オーナーに声をかける必要があります。
というのも退去する当日には、物件の持ち主に対して鍵を渡す必要があります。
それも郵送などでなく、基本的には手渡しになる訳です。
また物件のオーナーとしても、事務所移転の作業が行われる当日には、立ち会いが必要な事もよくあります。
そしてオーナー側にも、様々なスケジュールがある訳です。
ですから、なるべく早めにオーナーに対して声をかけておくのが望ましいです。
逆に声をかけるのが遅れてしまいますと、オフィス移転の日程調整が大きくずれてしまう事もあります。
ですからオーナーに対しては、早めに声をかけるのが無難です。



オフィス移転でエレベーターの積載量確認を忘れない

搬入の作業を行いますと、トラブルに遭遇する事がたまにあります。
ですから事前に入念に確認するよう、求められる事も多いです。
例えばオフィス移転時の積載量です。
事務所物件に引っ越しをする際には、たいていはエレベーターも使う事になります。
ところがエレベーターにも、積み込み可能な量の限界数字があります。
それを確認しておかないと、当日に思った以上に作業が難航する事も多いです。
例えば積載量の限界が、400キロのエレベーターがあるとします。
ところが当日に搬入する物品の中に、400キロ以上の物が混在していますと、エレベーターでの移動が難しくなる訳です。
それで当日に、作業が著しく遅れてしまう場合があります。
それを避ける為に、早い段階で移転先の下見を行っておく方が無難です。
それでエレベーターの積載量を確認しておけば、トラブルは回避できます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP